fc2ブログ

持病

花桃

今日は入学式日和ですね。
週末はいっぱいお花見しました。
ご近所のお祭、学校の仲間、そして昨日は保育園つながりの、どでかいグループの花見……
旧友との再会もいっぱいあり、充実しておりました。

花見三昧


さて、歌手の絢香さんと水嶋ヒロ氏との結婚!
とってもびっくりしましたが、微笑ましいお二人。
そして、絢香さんが告白した持病、 “バセドー病”。

これは私と同じ病気なのですよ~~。
これを機会にこの病気が全国的に認知されることでしょう!

この病気は体の新陳代謝を司る甲状腺ホルモンが、普通の人より
異常に多く分泌されてしまい、何もしてなくってもマラソンをしている
ような状態の体になってしまいます。
その結果、誰もが持ってる、喉のところにある、チョウチョ型の甲状腺が
腫れてしまい、
脈が速くなり、動悸、息切れ、汗をかく、手のふるえ、どもり、食べても食べても太らない(これだけは羨ましい、と言われる)だるい…。という症状になります。

言われてみると、絢香さんの喉はふっくらしていました。

治療法は、
1甲状腺ホルモンの分泌を押さえる薬を飲み続ける、服薬治療。
2手術で甲状腺を取ってしまう外科的治療。
3放射線で甲状腺を被爆させ死滅させる内科的治療。

などがあります。

私は平成元年に発病が判明。
当時、六本木で毎晩歌っていた私は、風邪をこじらせ、
仕事を休むことに。

しかしいつまでたっても微熱やだるさが引かず、近所の病院で血液検査を
したところ、“慢性肝炎”と診断され、東京女子医大肝センターに。

すると、診察するやいなや、これは肝臓じゃないなぁ、ということで、
内分泌科にまわされ、そく、“バセドー病”と診断されました。

バセドー病といえば、なんか、目が飛び出ちゃうとか、
美智子妃殿下が手術した病気?とかそんな知識しかなく、とてもびっくり
したことを覚えています。
でも、目が出てしまうのは、確率的にはかなり低いのですよ。

それから今まで、そう、もう20年以上、この病気と付き合ってますが、
この病気の面倒くさいのは、人から見たら元気に見えちゃうこと!

すっごいしんどくって、ドッキドキしてても
『どこが悪いの~~?全然元気そうじゃん!』
となるわけ。
いやいや、すっげーしんどいんだよ~~。ってアピールしても始まらないので
スルーしますが、家に帰ると、くたーって横になるのです。

そうゆう意味では、身近にそれを理解してくれる人がいるというのは
最高!なこと。
幸い、私もみんなに迷惑をかけてきましたが、理解して頂いて、有り難いです。

絢香さんの場合は、とりあえず結婚もあり、休止という決断を
出したようだけれど、もちろん、ちゃんと薬を飲んでいれば
普通の人と同じ生活ができます。
ただ、この薬の塩梅も難しいし、薬を飲み始めても即効性がないため、
しばらーくしてから、効きはじめるというやっかいなもの。

また、逆に治ったと思って、勝手に薬をやめてしまうと、これまた
しばらーくしてから再発する。。。。。

もう、ホント、面倒くさい、病気なのです。

もちろん女性として妊娠出産もできます。
出産して治っちゃう、って人もいるらしく、それに期待したけれど、
妊娠出産後は、しばらく安定するけれど、3ヶ月してから再発するパターンが
多い、と言われていて、私はまさしくどんぴしゃ3ヶ月で再発!

また、一日8錠くらいからの服薬治療を始めました。


この20年間、何度、再発したことか。
もう数え切れないです。

元気になると、まさに喉元過ぎれば、じゃないけれど、しんどかった時のことを忘れ、パワー全開!
しかし、再発するときは突然やってくる!
もう、あの時の落ち込みよう。。。。
再発すると、薬を増やして、普通の状態に戻るのに、2ヶ月はかかるのよ、私の場合。
↑この再発の原因も不明だからややこしい。。。

40歳を過ぎて、既に2回、放射線治療を行いました。
おかげで最近は、服薬の量も減って来てます。

ってなことで、十分休養してもらって、愛情たっぷり充電して
また、いい歌を届けてくれることを期待したいです。

私も彼女は大好きなシンガー!
5年休んだってまだ26歳。
10年休んだって31歳。

全然オッケーじゃーないですか。

40過ぎの私だって、まだまだこれからーーって思ってるんだからさ

絢香さんに心からエールを送って、長い日記を終わります。。。


今週金曜日はR40in六本木!
開始時間は今回から“8時”なので、お間違いなく~~~~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re: アラハンとアラカン

そうなんですか~~~。
どんどん新しい言葉ができますねi-237

勉強になりましたi-233
ありがとうございます。

アラハンとアラカン

いずみさん

アラフォーは40歳前後ですよね。
で、アラハンは50歳、アラカンは60歳です。
ハンは百の半分、カンは還暦から来ているようです。

Re: 知らなかった

いやいや、私は今は元気でもう大丈夫なんですよ~~~。

もちろん無理するつもりもありませんが。。。
ありがとうございます。

アラカンとアラハンってなんざんしょi-198

知らなかった

いずみさん、そんな持病をお持ちとは、知りませんでした。
いつも、頑張っておられるので、丈夫な方なんだな・・・って思っていました。

どうか、あまり無理しないで、マイペースでやってくださいね。
何も出来ませんが、しっかり応援だけはさせていただきます。

綾香さん、僕も好きなアーティストです。
彼女にも、頑張ってほしいものです。

アラカンとアラハンの間の僕でも、まだこれからって思ってますよ。

そうでした、納豆解禁なんてー日記を書いてましたね。

もしそれでわかったのなら、ゆかりさん、詳しいですね~~。

心配かけちゃってごめんなさい!

おじいちゃん、退院されたんですね!
おめでとうございます。

ゆかりさんこそ、頑張りすぎないで、のんびりとね!
そして、おじいちゃん、大切にしてあげてくださいね~~。i-189

Re: 敬意を込めて・・・

ありがとうございます。
いやいや、そんな大げさなものではないのですよ~~
『私も私も~~~!』みたいな、賛同しちゃったみたいな、そんな雰囲気でしたi-201

ホント、皆さん多かれ少なかれ、持病があったり、ましてやこの年になったら、もう、クラス会なんて、病気自慢大会みたいになってるのが現状です。

私も結構しんどい時は思いっきりしんどい、ってアピールしてきたから、
周りのみんなは知っているので、改めて“告白”のようなつもりありませんでした~~。

こんなこと書いちゃってかえって皆さんに心配かけてしまってたら失礼しました。
幸い、今はとっても落ち着いていて、バリバリ元気ですから、ご安心を……。

やめろ、と言うまで歌い続けま~す。
いや、やめろと言われても、かなi-179i-201

以前の納豆解禁の記事を見て ああと思っていたのです
がんばり屋さんの いずみちゃん
がんばりすぎないでね
たまには少しのんびりして 体をお大切に
これからも長く歌い続けていてくれると うれしいです

長い間入院していたおじいちゃんが帰ってきました
大変なことも多いけど
カズンの歌声に励まされながら 私もがんばります 

敬意を込めて・・・

今回のご自身の持病(バセドー氏病)についてのお話、いろいろと勇気や気持ちの整理が必要だったと思いますが、敬意を込めて拝見しました。以前に少しお話をお聞きしていましたので、ご本人及びご家族のご苦労、ご心痛はいかばかりかと拝察致します。でも、そんな中でも、いつも元気に歌われているいずみさんの姿を観て、元気を頂いているのは私たちです。本当にいつもどうもありがとう!心身万全という人は少なく、皆、多かれ少なかれどこかしら調子が悪く、その病と旨くつきあいながら生きているのだと思います。そして人間、辛いとき、苦しいときは、無理をせず周りの人達にすがる(迷惑をかける)ということで良いのだろうと思います。そのための家族であり、友達なのですから・・・。絢香さんもいつかまたきっとカムバックし、良い歌を歌ってくれることでしょう。いずみさんの様にね!これからも、どうぞお大事に、お元気で!